« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近読んだ漫画「お~い竜馬」「花の慶次」

ひさびさの日記。まぁ、これといって書くネタってないんだけど(汗)久留米の方に紅乙女ってところでワイン買ったとか、福沢諭吉記念館に行ったとか、地味~な出来事ならあるけど(汗)

まぁ、最近、コミックレンタルを利用していて「お~い竜馬」と「花の慶次」を全巻一気読みした。まぁ、漫画の感想でも。ネタばれ多少あり。

「お~い竜馬」。竜馬かぶれこと、武田鉄也、原作。絵、小山ゆう、のコンビで描いた今から20年くらい前の漫画。現在、竜馬ブームで、昔、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」が途中で飽きてしまったので、漫画なら読破できるかな・・・・・と思い、レンタルで借りて読んだが・・・・・この漫画、名作です(爆)武田鉄也の半端ない”竜馬愛”がひしひしと伝わってくるし、小山ゆう先生の躍動感ある竜馬の姿が心地よく、ハマって一気読みしてしまいました。ベースは司馬先生の「竜馬がゆく」なんだけど、個人的には「竜馬がゆく」より面白かった。昔、アニメ化されたけど、確か途中で打ち切り・・・・・小山ゆう先生の作品って結構、アニメ化されてんだけど、どれも途中で打ち切りくらっている。個人的な意見だけど、小山ゆう先生の漫画。結構、勢いで描いているので単行本で一気読みした方が面白いです。ただ、小山ゆう先生の描く、西郷隆盛が、なんとなく「おぼっちゃまくん」みたいな顔してたのが、えらく気になった(爆)

あと「花の慶次」も最初の方は読んでたけど、途中から読んでないんで、パチスロなんかで最近また注目を浴びているから、これを機会に(?)と思い、一気読み。「SAKON」は酷かったけど、この漫画も面白い!結構、無茶な展開もあるけど(汗)前田慶次って、この漫画で有名になったから、そういう意味では結構、功績は大きいのかなぁ~?なんて思ったり。個人的には「琉球編」はいらんかったような気がするが・・・・(「北斗の拳」の「修羅の国」編とノリが同じ!)

この2作品、読んだんで、自分の中で少~しだけ、また歴史ブームがきてるようなきてないような(汗)

おーい!竜馬[新装版] 1 (ビッグコミックススペシャル) Book おーい!竜馬[新装版] 1 (ビッグコミックススペシャル)

著者:武田 鉄矢,小山 ゆう
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics) Book 花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)

著者:隆 慶一郎,原哲夫
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

なんとなくアリスっぽい絵

Dscf1616 ペンでザッと走り描きしてみた。

なんとなく、アリスっぽい絵って事で・・・・

| | コメント (0)

7年ぶりの水木ロード

 ここ最近「ゲゲゲの女房」やってるせいか、私の母親が「水木しげるロード」に一度は行ってみたい、と言っていたので母親と二人で鳥取の境港にある「水木しげるロード」に行ってきた。ちなみに自分は二回目。7年前に一度一人で来た事がある。二度目だけど、水木漫画好きにとっては最高!街の雰囲気もいいし、鳥取の人って親切な人が多い!水木しげる記念館では、展示物は現在「ゲゲゲの女房」やってるので、それに関連するものが数点おいてあった。当時使ってたち、ちゃぶ台とか家具とか。ってか、水木しげる先生、物持ち良すぎ(汗)まぁ、自分がココでダラダラ語るより、写真載せた方が伝わるかな?ただ、写真の量が膨大なので、自分が撮った写真から厳選したものを載せます。(撮影OKのしか載せてません)

Dscf1614

Dscf1602

Dscf1603_2

Dscf1604

Cimg0365

Cimg0366

Cimg0368

Cimg0369

Cimg0370

たくさん撮った写真のごく一部です。個人的には上から6枚目の、自分の中で水木キャラ、一、二位を争う不細工キャラ、カロリーヌちゃんの禁煙ポスターの絵がえらく気にいった(爆)是非、カロリーヌちゃんの銅像もつくってもらいたい。あと、すごく気になったのが、一番下の、変に色気が出てしまった猫娘の絵・・・・水木先生・・・・・時代に合わせた・・・・?

あと、地元の人に教えてもらったのだが、大山寺の支寺の一つで圓流院というところの天井に、水木先生が描いた妖怪の絵がギッシリと!コレ、寝っ転がってみないと首疲れます(汗)これは感動!あと、ココはパワースポットでもあるらしいです。くらま天狗の話の発祥の土地らしく、周囲が木々に覆われて非常に神秘的なところでした!

また、いつか機会があったら一人、もしくは気の合う人と「水木しげるロード」と「圓流院」に行ってみたい。家の母親はすぐ飽きてたけど(爆)そういや、昔、友達と仙台旅行に行った時、「石の森正太郎 記念館」に行きたい!とお願いして、強引に行ったけど、そいつ、興味無いからブツブツ文句言ってたな・・・・(自分があまり人を誘わないのは、そういういきさつもある。あと、自分が誘ったら、面白いくらいに人と時間の都合がつかない)

Cimg0372

Cimg0371 

| | コメント (0)

リンクを増やしました

「新規のお客さんを増やしたい!」と某人物が言っていたので、んじゃ、リンク貼って宣伝しときますと言ったので、リンクを増やしました。福岡のメイド喫茶関連の(爆)福岡のメイド喫茶はよかとこなんで是非みなさんいらしてください!ってか、先日、東京行った時に東京の秋葉の本場のメイド喫茶何軒か行ったけど・・・・・福岡のメイド喫茶・・・・・秋葉のメイド喫茶と全然引けをとっておりません。お世辞抜きで。福岡のメイド喫茶はレベルが高いと痛感した!

ちなみに秋葉のメイド喫茶。何軒か行って個人的な感想だけど「うさぎの森」ってところがかなり良いです!詳しくは下記URLを。

http://www.usaginomori.jp/

ちなみに一番最悪だったのが「@@ぷれ」ってとこ(爆)

| | コメント (0)

友達の結婚式に行ってきた

中学の頃の友人の結婚式に招待されたので、先日、東京まで行ってきた。友達の結婚式とか初めて呼ばれた。みんな

「お前が結婚する時、絶対、俺達を呼べよな!」

なんて言っていたが、どいつもこいつも知らん間に先に結婚してるし(爆)しかも、まったく招待されてないという。まぁ、そんな事もあったもんだから、今回、初めて友達の結婚式というものに招待されて、マジでうれしかった(泣)遠い親戚の結婚式とかは呼ばれた事はあるが、こういう結婚式ってお互いのお家自慢とかばっかりで糞つまらんかったが、友達の結婚式。非常にアットホームな感じで良かったです。しかし、中学の頃からお互い馬鹿やってた友人が結婚するって、うまく言えないけど、なんか少し切ない気分にもなったりする・・・

最後に親族の挨拶みたいなのがあったが、私の友人。ココでは詳しく書けないが”空白の二年”といういわば「黒歴史」があるのだが、友人の伯父さんが酒に酔った勢いで、この「言ってはいけない過去」を事細かに詳しく全部、暴露しまくっていた(汗)さすがに会場が微妙な空気に包まれてしまったが・・・・・・・アレ、良かったのか・・・・・?

二次会にも出たけど、周囲が「リア充」ばかりで、なんか大学のサークルの打ち上げみたいなノリになり、こういう空気に超慣れないので少し外出て夜風に当たってたりした・・・なんか次の日からハワイに新婚旅行だそうで、おめでとう!の言葉と同時にその幸せと幸運を私にも少し分けてください(爆)

| | コメント (0)

「不思議博物館」にて絵を描いてもらいました

Dscf1598

Dscf1593

「不思議博物館」にて。自分、いつも、絵を描く側なのだが、本日、博物館にNONAKA COMICSさんが来館してて、逆に絵を描いてもらいましたw 絵、うまいです!かなり気にいっていますw(何の絵かは関係者ならわかると思いますw)

で、ついでに、下が自分が描いた絵。                                                                

| | コメント (4)

「STEEL BALL RUN」描いてみた

Dscf1589 最近「Perfume」の、かしゆか に触発されて(?)ジョジョ、読み直してる今日この頃。今は第7部の「STEEL BALLL RUN」読んでます。第7部、面白い!で、勢いでイラスト描いてみたけど・・・・

| | コメント (0)

「怪物くん」に対抗して・・・

Dscf1588 「変態くん」(爆)コレで漫画描いてみようかいな?

| | コメント (0)

いのちの旅博物館

Dscf1584 Dscf1553

Dscf1561

「不思議博物館プレゼンツ」のイベント「いのちの旅博物館ツアー(?)」にksjrのみんなと一緒に参加。スペースワールドのすぐ隣にあるけど、中の規模がとにかくデカい!恐竜やマンモスの化石のレプリカや色々な動物のはく製等、とにかくココで書ききれないくらい展示物が多かった。ちなみにこのツアー。館長の非常にアバウトな説明付(汗)。開催者である館長、途中でいなくなったりするし(汗)ちなみに館内を移動する時は一番上の写真に載せてる”不思議子ちゃんバッチ”をつけて館内をウロウロしておりました(爆)恐竜の化石のレプリカなんて、本でしか見た事なかったけど本物見れて結構みんなではしゃいでおりましたwなんか、ひさしぶりにGWらしい休日の過ごし方をしたような気がする(汗)

| | コメント (4)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »